外壁・屋根塗装

外壁塗装は防水効果のために行います

毎日住んでいるご自宅は見慣れているせいもあり、あまり外壁の塗り替えについては気にしていない方がほとんどではないでしょうか。外壁はまだ綺麗だ、外壁が少し汚れてきているなど、たまに意識をすることがあっても具体的な外壁の塗り替え工事を考えることはあまりないようです。

しかし外壁や屋根は常に風雨にさらされ、また紫外線の影響で防水効果が低下していきます。また湿気によりカビやコケが生えてしまい、やはり防水効果が失われてしまうこともあります。
セメントとパルプ繊維を混ぜて作るコロニアル屋根等は水が入り込むと劣化し、鉄筋や鉄骨は水に触れると錆付き、木は水が入り込むと腐食してしまいます。そして家を健全な状態に保つためには水分による材料の劣化を防ぐことが大事です。

外壁の劣化症状が目に見えてからでは遅い

外壁・屋根の塗装は定期的なメンテナンスを施すことで家の見えないところの劣化を未然に防ぐためのものです。

塗装材料には耐用年数があります。そして外壁の防水性が低下し、気づかないうちに外壁の内部に浸水が始まります。
浸水が進んでいくと外壁内部の防水シートの劣化が進み、家の中でも雨漏りが視認できるようになってきます。そして劣化症状が目に見えてからでは大掛かりな補修作業が必要になってしまう場合もあります。家も人間も同じです、健康維持に気をつけることが一番大事なことです。

外壁・屋根塗装の効果

建物の寿命を延ばす

外壁の塗装を定期的にしておけば、壁からの水の侵入による劣化を防ぎ建物を健全に維持し続けることができます。

資産価値

外壁のメンテナンスをすることにより、美観の維持と共に資産価値の向上につながります。

断熱・遮熱効果

遮熱効果の高い外壁塗料を使用すると、太陽光による熱の発生を防ぎ、また断熱効果の高い塗料を使用すればエアコンの涼しい空気や、暖房の暖かい空気が外に逃げにくくなるので節電につながります。

防カビ・防藻効果


塗料の劣化からカビやコケが生えてしまうことによる壁自体の劣化に至らないようにすることができます。

定期的なメンテナンスの重要性

建物は時が経過すればおのずと劣化が進み、それは止められないことです。しかし放置しておくのと、お手入れをしているのとでは格段の違いが現れてきます。目で見えるところだけで判断するのではなく、目に見えない建物の構造を健全に維持するための早めのお手入れが重要なこと