今回のお客様は、小金井市にある築14年ほどの建売住宅です。

一見、まだきれいなのですが、よく見ると細かいヒビがあちこちに入っています。

さらに、若干浮いているということは、表面ではなく内部に原因があります。

 

ヒビが複数入っています

地震でモルタルにヒビが入った程度であればよいのですが、きちんと補修をしないと雨水が入って中がだめになります

こうなると、上から何かでヒビを塞いでもダメです。中がどうなっているか想像できますか?

 

モルタルを剥がしていくと下に金網があります。ラスというもので、こちらにモルタルを塗りつけます。その下に黒い髪のようなものが見えますが、これが防水シートです。このお宅はダイライトという壁面材を使用しているのですが、窓のサッシの部分からひび割れが発生し、そこから水が入って金網もボロボロになっています。防水シートもカビがついて真っ黒になっています。そして膨らんで広がっているのです。

一度完全に表面を取り除いてしまう必要があります。外から上塗りをしてもダメですね。

 

職人がひび割れたモルタルを手作業で剥がして、きれいにします。

 

きれいに剥がれました。これから再度仕上げます。

左官屋さんの出番です。きれいに塗り直します。

また報告します。